<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
暑い (11) , 気温 (10) , 梅雨 (7) , windows (6) , 植物 (5) , 引越 (4) , かいわれ (3) , かめ (3) , (3) , 設立 (2) , WSH (2) , VC++ (2) , VBS (2) , unix (2) , 扇風機 (2) , エアコン (2) , linux (2) , 買物 (2) , ガラス (2) , teraterm (1) , 花火 (1) , svn (1) , subversion (1) , kiq (1) , eclipse (1) , C++ (1) , vi (1) , zip (1) , sha1 (1) , win32 (1) , hash (1) , md5 (1) , (1) , (1) , 神社 (1) , お願い事 (1) , 神田 (1) , 甘酒 (1) , 靖国神社 (1) , 講習 (1) , ミスド (1) , ラーメン (1) , 風邪 (1) , 酒饅頭 (1) , 湯島 (1) , (1) , お菓子 (1) , トレッキング (1) , ドーナツ (1) , みやげ (1) , アスクル (1) , 自作 (1) , 蚊取線香 (1) , (1) ,
ARCHIVES
vi でC言語標準関数リファレンス
僕の近くの席に座っている新人君の先輩が、
その新人君に教えていたのを小耳にはさんだのですが、

vi で C言語の標準関数の上にカーソルを置いて、

SHIFT + K

を押すと、リファレンスが見れるので活用するようにと。。。

さっそく試してみると
おー、出来るじゃないかぁぁぁ(^^);

勉強になりました。
  • (2016-12-06 18:14:58)
Eclipse で Windowsアプリ開発環境
WindowsでC++でアプリ開発環境と言えば、Visual Studioですが、あえてEclipseでと思って調べたので、メモしておきます。

下記ページに全て方法が載っていますが、簡単に説明すると。
http://mergedoc.osdn.jp/

(1) Eclipse をダウンロードする
(2) 適当な場所に回答する
(3) インストール作業は不要なので、そのまま使える(All in One版の場合)
  • (2016-08-18 16:40:24)
[VBS]Windows標準機能でZIP圧縮
Windows標準機能でZIP圧縮

Shell.ApplicationオブジェクトのCopyHere()は、ZIP圧縮の要求をかけたら終了するので、
実際にZIP圧縮が終了するまで待つ必要があります。
その為、ZIP圧縮しているポップアップウインドウの終了を待っています。



Dim workPath, zipFileName, objFSO, objFile, bs, i, strbuf

zipFileName = "C:\tmp\hogehoge\test.zip"
workPath = "C:\temp\temp20160406"

' 空のZIPファイルのヘッダ情報
bs = Array(80, 75, 5, 6, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0)
For i = 0 To UBound(bs)
strbuf = strbuf & Chr(bs(i))
Next

'空のZIPファイルを作成
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFSO.OpenTextFile(zipFileName, 2, True)
objFile.Write(strbuf)
objFile.Close

'フォルダ内のファイルを全てZIPファイルに格納
CreateObject("Shell.Application").NameSpace(zipFileName).CopyHere(workPath)

Dim objShell
Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")

Do Until (objShell.AppActivate("圧縮しています...") <> 0)
WScript.Sleep 250
Loop

Do Until (objShell.AppActivate("圧縮しています...") = 0)
WScript.Sleep 250
Loop

WScript.echo "おわり" & vbNewline



  • (2016-04-06 15:02:27)
[VBS]ドラッグ&ドロップで引数を受け取る
VBS ファイルに対して、ドラッグアンドドロップしたファイルを
受け取る方法は、下記の様になる。
単純に起動引数を受け取る方法と同じ。


Option Explicit
Dim args, arg
Set args = WScript.Arguments
For Each arg In args
Call MsgBox arg,,"引数に入力した文字列"
Next

  • (2016-03-31 16:21:34)
Microsoft製 ハッシュ値算出ツール(fciv)
Microsoft製 ハッシュ値算出ツール(fciv)

windowsには、標準機能でファイルのハッシュ値を算出するコマンドはありませんが、Microsoft製のツールがありますのでご紹介いたします。

fciv(File Checksum Integrity Verifier)です。
sha1/md5 に対応しています。
下記からダウンロードできます。

『可用性と ファイル チェックサム整合性検証 ユーティリティの説明』
http://support.microsoft.com/kb/841290/


指定のディレクトリ配下のファイルのハッシュ値を一括で算出するには、下記の様にします。
fciv -r ディレクトリ名




  • (2016-03-31 11:15:44)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7