<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
暑い (11) , 気温 (10) , 梅雨 (7) , windows (6) , 植物 (5) , 引越 (4) , かいわれ (3) , かめ (3) , (3) , 設立 (2) , WSH (2) , VC++ (2) , VBS (2) , unix (2) , 扇風機 (2) , エアコン (2) , linux (2) , 買物 (2) , ガラス (2) , teraterm (1) , 花火 (1) , svn (1) , subversion (1) , kiq (1) , eclipse (1) , C++ (1) , vi (1) , zip (1) , sha1 (1) , win32 (1) , hash (1) , md5 (1) , (1) , (1) , 神社 (1) , お願い事 (1) , 神田 (1) , 甘酒 (1) , 靖国神社 (1) , 講習 (1) , ミスド (1) , ラーメン (1) , 風邪 (1) , 酒饅頭 (1) , 湯島 (1) , (1) , お菓子 (1) , トレッキング (1) , ドーナツ (1) , みやげ (1) , アスクル (1) , 自作 (1) , 蚊取線香 (1) , (1) ,
ARCHIVES
subversion で対象外ファイル、拡張子、ディレクトリ指定
ほとんどのプロジェクトでは、バージョン管理に含めたくないファイルやフォルダーがあります。
*.o のようなコンパイラーが生成するファイルや、*.bak *.old や TMP OLD BAK などざっくり古いソースを置いている場所なども無視したいものです。

こんな場合は、ローカルの設定ファイルにリストを記載します。
設定ファイル: ~/.subversion/config

設定ファイル内の
[miscellany]
global-ignores = *.o *.bak *.old old OLD TMP

と書いておけば、svn st でステータス表示すると、無視されたファイルは表示されません。
ちなみに、 svn st --no-ignore でステータス表示すると、
無視されているファイルに'I'がついて表示されるので、
無視されている状況の確認ができます。
  • (2015-11-12 11:09:09)